派手になりがちな赤リップを自然に使うコツ

発色の良い赤い唇、通称赤リップは、ここ数年のメイクにおけるトレンドですね。
この赤リップ、昔から何度も流行しています。しかし、時代ごとにその赤のニュアンスは違うように見受けられrます。
マットな赤をしっかり塗り込んだり、ツヤたっぷりの真っ赤だったり、あるいは口紅ではなくリップグロスという形で流行ったり。
これは、合わせるファッションや、髪の色、肌の色などとのバランスもありますから、何がベストかというのは断定できません。しかし、ともすれば派手になりがちな赤リップを、自然に使いたいとお考えの方は多くいらっしゃるのではないでしょうか。
このカギとなるのは、グロスとルージュの二刀流、そして塗る順番です。
一般的にグロスは、ツヤや立体感を演出するために、最後の仕上げに塗られることが多かったアイテムですね。口紅(ルージュ)を塗った後に、透明感のあるグロスで仕上げる、というのがセオリーでした。
しかし、この順番を逆にすることで、いわゆるガッツリメイクにならない自然な赤を演出できるのです。
まず、透明感のある赤系のリップグロスを唇全体に塗っていきます。グロスには、ある程度の発色があると良いですね。
そして、このあと赤い口紅を塗りますが、このとき、口紅を指先に取り、ポンポンと叩くようにして、唇に色を置いていきます。
発色具合を見ながら、お好みの強さの赤に仕上げます。
先にグロスを塗る方が、口紅の色味をコントロールしやすいですし、グロスのウェット感が前面に出ないことで、ツヤばかり強調されることもなく、自然だけど赤い口元を作ることができますね。

コメントは受け付けていません。