赤リップのコントラストで白肌強調

今年のトレンドメイクは、シアー感のある赤リップを使用した「血色メイク」です。赤リップといえば、使い方を一歩間違えると、老けた印象になってしまうため、若い年代にはメイクに取り入れ難いと思われがちですね。しかし、コツをつかめば、今年らしいトレンド顔を簡単に作ることができます。メイクのポイントは、白肌と赤リップのコントラスト。ベースメイクは、できるだけ色みを押さえ、透明感のある素肌を目指します。乳液、下地などでベースを整えた後、ファンデーションを塗る前に、くちびるに少し赤めのリップを塗ってみましょう。ファンデーションの前に口紅を塗ることで、顔全体のトーンが上がり、血色のある肌に見えます。ファンデーションの無駄な厚塗りを防げるため、より自然なメイクができますよ。くちびるの赤リップは、マットなものより、よりシアーなものを選びましょう。潤い成分やリップクリーム効果があるものならば、グロスを重ねなくてもOKです。コツは、くちびるの中心をメインに、ポンポンとつけていくことです。輪郭をしっかりとって、べったり塗ってしまうと、一昔前のメイクを連想させてしまいますので注意しましょう。白肌と赤リップの自然なコントラストは、ちょっと上気したような可愛らしい印象を与え、男性からの好感度も高いようです。

コメントは受け付けていません。